-産後の悩み

2009年8月アーカイブ


【犬印本舗】【Lサイズ】マタニティ リフォームインナー産後ひっこめショーツ/ネイビー/Lサイズ

 

産後の女性は育児以外にも悩みが多く、特に身体の事に関しての症状が多くなっています。
出産というのはとても体力を使い、産後は自分が思っている以上に身体が弱っているのです。育児と家事をこなしていると無理をしてしまう場合もあり、気づいたら手首の使いすぎによる腱鞘炎や、産後鬱などの悩みを抱えてしまうという場合もあります。

産後の悩みの中には自分で回避出来る物と、ある程度仕方のない物とがありますが、乳腺炎は日々のマッサージによって予防が可能になっています。

乳腺炎の原因としては食事内容や育児の疲れ、赤ちゃんの母乳の吸い方などがありますが、なるべくマッサージを行い、熱がこもらないように冷やすことで悩みが解消されます。
出産によって歪んでしまった骨盤の影響で起こる尾てい骨の痛みや、尿失禁、産後太りなどの悩みを抱えている人もいます。

これらの症状は骨盤を元の位置に治してあげ、筋肉を鍛えることで解消されます。産後は身体が思うように動かせないので無理はせず、日常生活で簡単に出来る範囲で行いましょう。

どの症状も産後の悩みとしてはよくある事ですが、無理をせず症状がよくならない場合や、痛みがとれない場合は医師の診察を受けるようにしましょう。


骨盤サポートベルト  (ベージュ/ML/産後ダイエットに)【ダイエット応援セール】

 

産後の生理がいつ頃来るのかとドキドキしている人は多く、医師へ質問する人も沢山います。しかし産後に生理が再開する時期は個人によってもバラバラですので、いつからですと断言は出来ないのです。

母乳によって育児を行っている人は比較的遅く、ミルクの人は産後すぐに生理が来るといった感じが多くなっていますが、みんながそうだとは限りません。母乳育児なのに産後すぐに生理が来たと悩む人もいますが、個人差があるため、心配するような事はありません。

逆にミルクでの育児を行っているにもかかわらず、1年以上経っても生理が来ないと心配になる人もいますが、こちらも問題はありません。

しかしそれ以上の期間を過ぎても生理が来ない場合で本人が気になるようでしたら、婦人科を受診することをお勧めします。

産後は生理痛が軽くなったという人もいれば、逆に妊娠前より痛みも強く、辛くなったという人もいます。一般的には生理痛が軽くなるといった人が多いようですが、出産を繰り返す度に痛みが酷くなるといった人もいます。産後の生理は痛みの変化だけではなく、経血量の変化もあり、減ったという人や増えたという人など様々です。

産後の生理は個人によって再開時期や痛み、経血量の違いなどもあり、出産回数などによっても毎回変わってきますので、悩みがある場合は婦人科へ相談する事をお勧めします

 

 関節痛  関節炎の原因  高脂血症対策  糖尿病の症状と予防と治療

産後太りの改善

| コメント(0) | トラックバック(0)

期間限定SALE【ワコールマタニティ】シェイプマミーガードル(ロング丈)産後用ガードルMGR378...

 

産後に体型が崩れてしまい、元に戻りたいのに戻れないと産後太りに悩んでいる女性は多くいます。

授乳中の旺盛な食欲をなかなか抑えることができずに、ついつい食べ過ぎてしまっていると、気がついたときには産後太りで大変なことになってしまうかもしれません。
そうならないためにも、産後の身体が落ち着いた頃からダイエットを意識するようにしましょう。

産後太りを改善するダイエットを「産後ダイエット」といい、産後6ヶ月の間に妊娠する前の体型に戻すことを目標とするものです。

産後ダイエットは、普通のダイエットのようにカロリー制限によって痩せていくものではありません。妊娠中に落ちてしまった筋肉を取り戻し基礎代謝を上げたり、開いて歪んでしまった骨盤の位置を矯正することで産後太りの改善を目指します。

産後すぐは体力も消耗して落ちているので、まずは軽い体操やマッサージなどを行ない基礎代謝や新陳代謝を上げることから始めるといいでしょう。

体力が戻って来たら、赤ちゃんと一緒にお散歩やウォーキングなどに出かけるようにすると、産後太りの解消になり、育児の間のいい気分転換にもなるでしょう。産後6ヶ月までが一番痩せやすい時期なので、この時期に頑張って元の体型に戻すようにしましょう。

 

 まだ間に合う夏休みの旅行  プール付きの宿  ディズニーランドのアルバイト

10%OFF・送料無料ワコールマタニティ/メッシュタイプ大好評販売中!産後用シェイプマミーガード...

 

産後、開いたり、歪んだりしてしまった骨盤を何の手入れもせずそのまま放っておくことは女性の体にとって百害あって一利なしです。

出産という大仕事を終えた骨盤は、リラキシンというホルモンの作用もあり仙腸関節や恥骨の結合が緩んだ状態になっています。

産後すぐ~6ヶ月くらいまではリラキシンの作用が残っているため骨盤は緩んだままになっています。産後6ヶ月を過ぎるあたりからリラキシンの分泌の低下とともに骨盤が安定してくるのですが、きちんと元の位置に戻っていないとさまざまなトラブルが残ったままになってしまいます。

骨盤の歪みや緩みが元で起こるトラブルを改善するのは、まだ骨盤の状態が安定していない、骨盤を動かしやすい時期から始める方が早く矯正の効果が現れてくるようです。

骨盤矯正の施術は整体院などで受けることができます。しかし、産後まもなくまだ子どもが小さいこの時期には何度も通院をすることが難しく、骨盤のトラブルを感じていても治療に行けず体の不調が慢性化してしまう人が多いようです。

骨盤に不快な症状があるが、通院が難しいという場合でもあきらめることはありません。骨盤を締めるタイプのベルトなどで骨盤を締めておくことで、緩んだ骨盤を元に戻すに効果を得ることができます。

 

 いろいろな障1  夏休みを温泉で楽しむ  夏休みの格安旅行
カテゴリー
更新履歴
様々な産後の悩み(2009年8月 3日)
産後の生理の悩み(2009年8月 3日)
産後太りの改善(2009年8月 3日)
産後の骨盤の改善(2009年8月 3日)
カテゴリー
更新履歴
様々な産後の悩み(2009年8月 3日)
産後の生理の悩み(2009年8月 3日)
産後太りの改善(2009年8月 3日)
産後の骨盤の改善(2009年8月 3日)